お役立ち情報

2024.05.15 更新日:2024.05.15
この記事の監修者:矢上 真季

この記事の監修者:矢上 真季

採用ピッチ資料制作代行のおすすめ3選!依頼できる業務や選び方のポイントを紹介

採用ピッチ資料制作代行のおすすめ3選!依頼できる業務や選び方のポイントを紹介

ダイレクトリクルーティングやSNSを活用した採用手法が広まり、積極的に情報発信をおこなう企業が増えています。そのようななか、人材確保に向けて他社との差別化を図るために、会社説明資料の進化版とも言える「採用ピッチ資料」が注目されています。

本記事では、採用ピッチ資料制作代行とは何か、依頼できる例や、依頼するメリット・デメリット、おすすめの採用ピッチ資料制作代行サービスについて紹介します。

採用ピッチ資料とは

Business people are analyzing and planning business. Business Strategy Consulting

採用ピッチ資料とは会社説明資料のひとつです。

従来の会社説明資料と異なり、事業課題や職場環境など自社の実態をありのまま伝えるなど、会社説明資料の詳細版と言えるでしょう。

自社が求める人材に向けて応募意欲を高めるだけでなく、実態を伝えることで自社理解を深め、採用ミスマッチを防ぐといった目的もあります。

WebやSNSを活用した転職活動が一般的になり、求職者はさまざまな情報を入手できるようになりました。従来のような企業の良い面の情報だけでは入社後にギャップを感じることもあり、その企業が自身に本当にマッチしているかどうかの判断も難しくなっています。

そのため、入社後を見据え、企業の実態に即した情報をもとに応募や入社の判断をしている求職者も現れています。

実態により近く、企業への理解を深められる採用ピッチ資料はそうした求職者が求めるものであり、注目されていると言えます。

 

採用ピッチ資料の活用方法

top view asian ux developer and ui designer brainstorming about mobile app interface wireframe design on table with customer brief and color code at modern office.Creative digital development agency

採用ピッチ資料は、採用活動のさまざまなシーンで活用が可能です。ここでは採用ピッチ資料の活用シーンを紹介します。

  1. 自社採用ページで公開する
  2. スカウトメールに添付する
  3. カジュアル面談・面接時に使用する
  4. リファラル採用で使用する
  5. 会社説明会で使用する
  6. 人材紹介会社のエージェントに配布する

 

採用ピッチ資料の代行をプロに任せる理由

Sharing ideas concepts with papernote writing strategy on wall glass office.Business marketing and communication

採用成功のためには採用ピッチ資料の作成をプロに任せることがおすすめです。

プロの制作代行サービスを利用することで第三者視点が入り、企業独自の魅力を最大限に引き出した採用ピッチ資料が作成でき、求職者に対して強力なアピールが可能となります。

 

効果的なストーリー作り

採用ピッチ制作代行会社は多くの採用ピッチ資料を作成しているため、魅力的なデザインやストーリー作りが得意であり、自社では思いつかないアイデアを提案してくれます。ストーリー作りは、採用ピッチ資料のクオリティ向上に欠かせません。ストーリー作りのプロは、企業の概要や強みを的確に理解し、応募候補者に魅力的に伝えることができます。

具体例として、エンジニア向けに特化した内容や、社員の成長を支援する独自のプランがある会社など、個々の特徴を活かしたストーリーを作成します。

専門家によるストーリー作りを依頼することで、効果的な採用成功が期待できます。この結果、企業は採用において競合他社との差別化を図ることができます。

 

短期間で高品質な資料を作成することが可能

採用担当者は採用業務で忙しくなかなか採用ピッチ資料の制作にまとまった時間を取れないケースも多いかと思います。採用ピッチ制作代行サービスに依頼することで短期間で高品質な資料を作成することが可能で、企業の負担を軽減します。

採用トレンドや求職者が求める情報を反映

「採用ピッチ資料によってなにを解決したいのか」や採用ペルソナの設定など、効果的な採用ピッチ資料の作成のためには採用面での戦略やノウハウが必要です。

採用に関して専門的な知識や技術を持っており、効果的な採用活動に繋げられる採用ピッチ制作代行サービスがおすすめです。

自分の会社の強みが分かる!
採用ブランディングシート」を無料で配布中!

自社が訴求すべきポイントや課題・傾向の整理ができる
ブランディングシートを配布します!

 

おすすめの採用ピッチ資料制作代行サービス3選

Two businessmen join hands for business cooperation.

バックオフィス業務を依頼できるサービスのなかから、おすすめのサービスを3つ紹介します。

 

採用ピッチ制作 powered by まるごと人事(マルゴト株式会社)

20ページ40万円〜で採用ピッチ制作を依頼できるサービスです。

400社以上の採用を支援した「まるごと人事」での採用ノウハウを活用し、候補者に訴求すべきポイントを一緒に整理します。人事経験を持つ制作担当が採用活動において本当に必要な情報を精査し、ブランディング観点も取り入れながら求職者の求める情報をわかりやすくまとめた資料を作成できる点が特徴です。

工数をかけずにカンタン資料作成!
採用ピッチ制作 powered by まるごと人事

採用のプロが制作を担当!
「まるごと人事」でのノウハウを活かし、企業ブランディングの見直しも可能
求職者の求める情報をわかりやすくまとめた資料を作成します!

c-slide(株式会社CONE)

最短2日納品ができる企業です。特急料金やグラフ作成などのオプション料金は一切なく、ページ単価のみのシンプルな料金体系なので依頼しやすいのも特徴です。スピードが重要になるベンチャー/スタートアップ企業や業務に追われるコンサルティング会社におすすめです。

▼詳しくはこちら
https://cone-c-slide.com/

 

 株式会社hypex

1ページ単位で依頼できる3つのプランの中から選ぶことができる点が特徴のサービスです。

ゼロから作る場合の制作期間は約2ヶ月程度。過去に月間130万人が訪れる情報サイトを運営していた経験を活かし、採用ピッチ資料を作ったあとの集客や、採用広報全般を依頼できるため、さまざまな相談が可能です。

▼詳しくはこちら
https://hypex.jp/

 

採用ピッチ資料制作代行を選ぶポイント

Client signing a real estate contract on desk in office.

採用ピッチ資料制作代行を選ぶ際のポイントを以下にご紹介いたします。

 

提案力やヒアリング力が高いこと

提案力やヒアリング力も重要です。自社の強みや魅力を的確に捉え、効果的にアピールできる資料を作成する必要があります。特に初めての採用ピッチ制作の場合は、ヒアリング力が高い代行業社を選ぶことがおすすめです。

さらに、デザインやビジュアル面にも注目してください。採用資料は、見た目も美しく、内容が一目で理解できるようになっていることが求められます。

 

採用知見があるか?

採用ピッチ資料は採用成功につながるかが一番重要なポイントです。デザインや情報がまとまっているかよりも、求職者が必要な情報が掲載されていることがポイントです。デザイン系の会社による採用ピッチ資料制作の代行サービスもありますが、採用知見や最新の採用トレンドの情報を持っている会社がおすすめです。

 

採用ピッチ資料でミスマッチ防止や採用成功に!

まとめ

採用ピッチ資料は、求職者の自社理解を促し、志望度を高められるだけでなく、採用ミスマッチの防止も期待できるツールです。人材確保に向けた競争が激化するなか、採用を効率的に進める上で有効な手段と言えるでしょう。

だからこそ、採用ピッチ資料代行サービスを活用することで、採用担当者の業務負担を軽減し、他の重要な業務に注力できる環境を整えるのも一つの方法です。本記事を参考に、採用ピッチ資料代行をうまく活用しましょう。

工数をかけずにカンタン資料作成!
採用ピッチ制作 powered by まるごと人事

採用のプロが制作を担当!
「まるごと人事」でのノウハウを活かし、企業ブランディングの見直しも可能
求職者の求める情報をわかりやすくまとめた資料を作成します!

この記事の監修者:矢上 真季
この記事の監修者:矢上 真季

マルゴト株式会社まるごと人事事業部 ゼネラルマネージャー

新卒でニトリ、2社目でLINEに入社し、リクルーター兼採用広報専任者として従事。マルゴトには2020年に入社。マネージャーとして複数のITスタートアップ・ベンチャーの採用を支援。
「まるごと人事」のゼネラルマネージャーと採用広報・ピッチ資料制作を代行するサービスの責任者を兼任。自社の採用マネージャーとしても従事。

  • X(Twitter)
  • facebook
新規CTA

関連記事

新着記事